⑨私が本当の豊かさにこだわる理由

こんにちは♪
ヒトリトイロの夢を実現サポート
浦田 行です。

「わたしが豊かさにこだわる理由」
というタイトルで
ストーリー仕立てで

わたしのホテルウーマン時代の体験を書いています☆彡

 

前回の記事
⇒①はこちら★
⇒②はこちら☆
⇒③はこちら★
⇒④はこちら☆
⇒⑤はこちら★
⇒⑥はこちら☆
⇒⑦はこちら★
⇒⑧はこちら☆

 

波乱のホテルウーマン体験

《第9話》

色んな出来事が重なって、
日に日にボロ雑巾のようになっていく私たち。

私はふと、両親に残してきた息子に
会いたくてたまらなくなりました。

ずっと、寂しい思いをさせていることが申し訳なく
ひと目、息子に会って謝りたかった。

本社の規則で、ホテルの赴任先は地元はNG
もちろん行きたい地域の希望も出せません。

 

ただ、本社の心ある人事の方々のはからいで
私たちは地元から300㎞の街に着任が決まり
北海道や沖縄に行くことを考えたらホッとしました。

だから、何かあったら車ですぐ帰れると思っていました。

だけど実際には、ほぼ24時間拘束され
半年に一度2日もらえるはずの休みも取れないままでした。

大げさに聞こえるかもしれないけど
任せられるスタッフの育成を待っていたら
次は何年後に家に帰れるかわからない状況だったのです。

息子が4歳の時に金銭問題のあった元夫と離婚してから
生活とローン返済のため仕事ばかりしていた私。

息子にもあまりかまってやれず
たくさん我慢や寂しい思いをさせてきました。

 

でももう少ししたら、、
あとちょっとで、、

息子に窮屈な思いをさせず、
安定した生活が出来るはず!

安心して一緒に居られる日が来るはず!

 

と信じてがむしゃらに進んできて
気づいたら9年が過ぎていました。

 

もう頑張れないかもしれない。。。
何もかもあきらめて地元に帰ろうかな。。。

 

ホテルに来てから
そんな弱い心が出てきたこともありました。

 

同学年のなかでも素直で優しい息子は
小学校中学年でいじめにあい
それから不登校が長く続いた時期があります。

そんな息子をおいて、遠く離れた土地に行くことに
なかなか決心がつかず、ホテルの面接を受けるまで
一時は私もすごく悩みました。

それでも未来を信じて、覚悟を決めて、

私が「離れるけど、母さんたち、頑張ってくるよ」

と言うと

「大丈夫、オレもがんばるよ!」

と言って、一年生になる春から
一日も休まず中学校に通っていた息子。

きっと私がいなくて、不安もいつも以上に大きかったはず。
学校に着いて自転車から降りた途端
朝食べてきたものを戻したこともあったと
母から聞いていました。

でも、電話で話すと「寂しい」なんてひと言も言わず
「母さん仕事がんばれ!オレもがんばるから!」
と励ましてくれる息子。

 

寂しい気持ちをこらえて
息子が待っていてくれる事を思うと
私がここであきらめるわけにはいきませんでした。

 

⇒第10話に続く・・・・・

 

 

 

おうち起業集客マンツーマンの無料Zoom相談会

セッションのお申し込みが少ない・・・
毎日記事を書いてるのに、アクセスも反応も少ない・・・
集客ってどうやったらいいの?集客が苦手・・・
好きなことで起業したいけど、何をどうすればいいかわからない・・・

ひとりで悩んでいませんか?
無料相談会では、聞けば一日で解決することもたくさんあります♪
まずはweb集客の基礎の基礎を知ることから始めてみませんか?

目標が明確になる!やる気UP!モチベーションUP!の
イメージワークを参加した方にプレゼント♪
ご参加お待ちしています☆