⑧私が本当の豊かさにこだわる理由

こんにちは♪
ヒトリトイロの夢を実現サポート
浦田 行です。

「わたしが豊かさにこだわる理由」
というタイトルで
ストーリー仕立てで

わたしのホテルウーマン時代の体験を書いています☆彡

 

前回の記事
⇒①はこちら★
⇒②はこちら☆
⇒③はこちら★
⇒④はこちら☆
⇒⑤はこちら★
⇒⑥はこちら☆
⇒⑦はこちら★

 

波乱のホテルウーマン体験

《第8話》

時間は22時をまわっているし
病院に行くより少しでも眠らないと、翌日の業務はまわらない。

そしてその翌日もその次の日も病院に行く暇なんてない。。。

 

だけど、「ケガしたので朝食は出せません」なんて
お客様には通用しません。

そのホテルに泊まるお客さまの多くは
大切な商談や仕事がある方ばかり。

そんな迷惑がかかること、ましてや代金も頂いてる以上
通常営業することは絶対です。

 

なのでもちろん、私にはほかに選択肢などありませんでした。

 

主人にすぐに近くのドラッグストアで眼帯を買ってきてもらい
翌朝、お岩さんのように赤黒く腫れ上がった目を
大きめのガーゼで隠して、いつものように4:00から仕事に出ました。

 

お客さまにもスタッフにも

「お風呂場で滑ってコケちゃって〜ドジなんです〜!」

と笑って言いました。

 

本気で心配してくれるスタッフや
ひとりで朝食の応対をする私を手伝ってくれる常連のお客さま方もいて
皆さんの言葉に何度も涙がでそうになりました。

 

主人も申し訳なさそうに心配そうに
しばらくは早めに出勤してくれました。

 

主人には、10代の頃から抱えている難病があります。

病気を抱え、毎日トラブルやクレーム対応に追われ
何度もお客様から怒鳴られたり罵られたり。

精神的にも身体も辛かったはずなのに
私がケガをする前から、
自分が無理をしてでもいつもサポートしてくれた主人には
今思うと本当に感謝しかありません。

 

でも当時は2人とも心が死にかけていました。

『忙しい』は「心が亡くなること」だと
この時ほど身に染みたことはありません。

 

私は仕事が終わると、
もう、頭になにか浮かんでくることもなく、ただただ疲れて
宿直に入るとへたり込む日が続いていました。

 

⇒第9話に続く・・・・・

 

 

おうち起業集客マンツーマンの無料Zoom相談会

セッションのお申し込みが少ない・・・
毎日記事を書いてるのに、アクセスも反応も少ない・・・
集客ってどうやったらいいの?集客が苦手・・・
好きなことで起業したいけど、何をどうすればいいかわからない・・・

ひとりで悩んでいませんか?
無料相談会では、聞けば一日で解決することもたくさんあります♪
まずはweb集客の基礎の基礎を知ることから始めてみませんか?

目標が明確になる!やる気UP!モチベーションUP!の
イメージワークを参加した方にプレゼント♪
ご参加お待ちしています☆