⑦私が本当の豊かさにこだわる理由

こんにちは♪
ヒトリトイロの夢を実現サポート
浦田 行です。

「私が本当の豊かさにこだわる理由」
というタイトルで、ストーリー仕立てで

わたしのホテルウーマン時代の体験を書いています☆彡

前回の記事
⇒①はこちら★
⇒②はこちら☆
⇒③はこちら★
⇒④はこちら☆
⇒⑤はこちら★
⇒⑥はこちら☆

 

波乱のホテルウーマン体験

《第7話》

毎日100人のお客さまの命を預かる
責任の重いホテルの仕事に

時間的にも気がゆるむ暇もなく
精神的にも張りつめた生活。

常に人手が足りないなか
協力してくれるはずの人たちにも
スタートから背を向けられ

前任者のことでめちゃくちゃになりかけていた業務を
なんとか持ち直すために
目まぐるしく動く毎日。

私も主人もしだいに行き場のないモヤモヤやストレスを
お互いにぶつけるようになりました。

 

ある日のこと、何気ない会話のなかで私が
普段、主人が私のためにしてくれていたことを
否定するような心ないことを言ってしまい

腹を立てた主人が
手元にあった空のペットボトルを私に投げてきました。

その頃、2人とも本当にギリギリの精神状態で
お互いに気を使いあう余裕などなく

今思えば、私は
主人にひどいことをたくさん言ってしまっていました。

だから、毎日のように言いあいになるか
喧嘩にならないよう無言で過ごすかのどちらかでした。

その時も、私と主人は完全にすれ違い・・・

 

普段は優しくて、私を気づかってくれていた主人も
我慢の限界だったのでしょう・・・

 

もともと反射神経は悪くないので
何か飛んできても普段はよけれるのに(笑)

疲れてた私は、ぼ~っとしていて

ペットボトルは私の目の上に命中。

 

その瞬間、、、血が吹き出し片目は何も見えたくなりました。

 

とっさにおさえたタオルは
絞れるほど真っ赤に染まり
はっと我にかえった主人も動揺しあわてていました。

 

でも、私の頭の中に浮かんだのは

「明日のお客さまの朝食準備どうしよう?!」

でした。。。

 

⇒第8話に続く・・・・・

 

 

おうち起業集客マンツーマンの無料Zoom相談会

セッションのお申し込みが少ない・・・
毎日記事を書いてるのに、アクセスも反応も少ない・・・
集客ってどうやったらいいの?集客が苦手・・・
好きなことで起業したいけど、何をどうすればいいかわからない・・・

ひとりで悩んでいませんか?
無料相談会では、聞けば一日で解決することもたくさんあります♪
まずはweb集客の基礎の基礎を知ることから始めてみませんか?

目標が明確になる!やる気UP!モチベーションUP!の
イメージワークを参加した方にプレゼント♪
ご参加お待ちしています☆