⑭私が本当の豊かさにこだわる理由(最終話)

こんにちは♪
ヒトリトイロの夢を実現サポート
浦田 行です。

「私が本当の豊かさにこだわる理由」

というタイトルで、ストーリー仕立てにして

わたしのホテルウーマン時代の体験を書いています☆彡

前回の記事
⇒①はこちら★
⇒②はこちら☆
⇒③はこちら★
⇒④はこちら☆
⇒⑤はこちら★
⇒⑥はこちら☆
⇒⑦はこちら★
⇒⑧はこちら☆
⇒⑨はこちら★
⇒⑩はこちら☆
⇒⑪はこちら★
⇒⑫はこちら☆
⇒⑬はこちら★

 

波乱のホテルウーマン体験

《第14話》最終話

 

短期間でたくさんの闇を見ましたが

その中で、自分ができることで精一杯手を尽くし
主人と私を助け支えてくれた
一部の本社の方々やスタッフの皆さんもおられ
たくさんの優しさと温かさをいただきました。

 

私は特に、朝食スタッフや清掃スタッフと
プライベートな話をする事も多く
みんな本当に苦労している方が多かったです。

 

早朝の時間や、ある程度融通がきく清掃の仕事は
さまざまな理由でWワークをしていたり
育児・介護の合間に働いているという方がほとんどでした。

 

スタッフの中には
未就園児のお子さんを持つシングルマザーもいて
人員不足の時は小さな子を連れてでも仕事に来てくれました。

また認知症の旦那さんがいなくなったと
よく早退していた70歳の方は
その大変な状況をいつも私に話してくれました。

 

みんな、家族のため、夢のため、今を生きるために
自分の仕事を愛し、どんな大変な状況下でも
輝くような笑顔を絶やさず懸命に生きていました。

 

スタッフの皆んなが本当に私たちの退社を惜しんで
すごく残念だと言ってくれました。

 

わたしは、いつかこの方たちに恩返しがしたい
それに、私のように労働で収入で生きることに行き詰まりを感じてる人に
希望になるような生き方をしたい、その道すじを作ろうと心に決めました。

 

それからは、様々な状況で
たとえ働きに出られなくても、家族と生活を守りながら、
しっかりと安定した収入を得られるような
ビジネスの仕組みづくりを夢中で学びました。

 

それは、この20年
迷走ばかりしていた私自身を救うことでもあったのです。

 

あのホテルでの経験は
私と主人の間ではいまだに黒歴史で
思い出したくないし話題にのぼることもありません。

 

でも、あの時の経験は
本当の豊かさと幸せに働くことの意味を教えてくれました。

 

私はこれからも、本当の豊かさを心の中に置き
物質的な豊かさもちゃんと手に入れて
ますます人生を輝かせたいと思っています。

 

『私が本当の豊かさにこだわる理由』♪おわり♪